top of page

ブログへようこそ

  • 執筆者の写真daiki

『香草カラー』てどんなカラー剤?

香草カラーとは?

香料や合成界面活性剤、防腐剤やシリコーンを配合しない、パウダー状のカラーリング剤。


色と健やかな質感が織りなす、美しい髪の姿

色とツヤ、ハリとコシ。

髪へのストレスを抑え、カラーリングでのダメージと向き合い、独自の発想で生まれた『香草カラー』


健やかで美しい髪色。不可欠な3つの要素

「天然植物成分」「毛髪補修成分」「酸化染料」が融合するパウダータイプのヘアカラー剤です。

ダメージ毛や、軟毛・ 細毛でボリュームダウンを気にされている方におすすめできます。


※界面活性剤・シリコーン・防腐剤・香料 不使用。



香草カラーには大きく分けて、髪を明るく染められる「オキシ溶きタイプ」と、黒髪は明るくならない「水溶きタイプ」があります。


「水溶きタイプ」はアルカリを含まずにオキシも使わないので、髪の中のメラニン色素を分解することはできませんが、明るい髪や白髪に色を入れることはできるので、トーンダウンや白髪染めは、通常のカラー剤よりも、はるかにダメージを軽減しながら染めることが可能です。

※酸化染料配合。アレルギーをお持ちの方は使用できません。

※ご使用には、パッチテストが必要です。

酸化染料アレルギーの方には「香草カラー色葉」をおすすめします!(^^)!


詳しい資料及びサンプル・臨店講習のご依頼は、担当営業までお声がけくださいm(__)m


メールでのお問合せはコチラ ⇒https://www.daiki-net.com/contact 







閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page